越などで6次化の取り組み<今日のトップ記事> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

越などで6次化の取り組み

カミチクGは和牛を軸に

 日本企業が東南アジアで、農業の6次産業化の取り組みを進めている。  和牛の飼育や流通を手がけるカミチクグループ(鹿児島県鹿児島市)は、ベトナムでの6次化の足掛かりとして、ハノイ市に和牛レストラン「和牛ダイニングうしのくら」を9月にオープンする。グループの海外店舗としては、2018年オープンした「鹿...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...