固定資産税を4~6%引き上げ<シンガポール> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

固定資産税を4~6%引き上げ

 シンガポール内国歳入庁(IRAS)はこのほど、公営住宅(HDBフラット)の固定資産税を、2022年1月1日に4~6%引き上げると発表した。2日付トゥデーが報じた。対象は3部屋タイプの65%相当の物件と、4部屋以上のタイプのすべてが対象。物件が賃貸されている場合は、年間の賃貸料をもとに算出される。税...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...