国軍が爆撃の正当性を主張<ミャンマー> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

国軍が爆撃の正当性を主張

 ミャンマー空軍がカチン独立機構(KIA)の支配地域を爆撃し、少なくとも50人以上が死亡した問題で、国軍は25日に爆撃の正当性を主張する声明を発表した。戦争犯罪の疑いが高まる中、国軍は爆撃が「地域の平和と安定に不可欠な反乱軍との戦い」によるものとし、国際的な交戦規定を満たしていると主張している。(2...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...