フィリピン総合は3カ月ぶり安値<ASIA株式市場> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

フィリピン総合は3カ月ぶり安値

 8日のアジア株式市場は、売りが優勢となった。フィリピン総合指数は下落率4%超と大幅に3営業日続落し、終値としては21年12月1日の6947・06ポイント以来、約3カ月ぶりの安値となった。原油価格上昇に伴うインフレ加速が国内外景気の下押し圧力となるとの懸念から売りが優勢となった。ただ、金属価格上昇を...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...