ジャカルタ総合は7日ぶり反落<ASIA株式市場> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

ジャカルタ総合は7日ぶり反落

 14日のアジア株式市場は、売りが優勢だった。ジャカルタ総合指数は7営業日ぶり反落。金利正常化に向けた動きが出てくることが想定される米FOMCを前に積極的に買い進む動きに乏しく、ハイテクや消費財を中心に幅広いセクターに利食い売りが出た。ただ、商品市況の回復を背景に業績拡大が目立つ物流セクターへの買い...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...