フィリピン総合は4カ月ぶり安値<ASIA株式市場> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

フィリピン総合は4カ月ぶり安値

 15日のアジア株式市場は、売りが優勢となった。フィリピン総合指数は下落率2%超と大幅反落し、終値としては20年11月4日以来、約4カ月ぶりの安値となった。首都圏における行動規制強化とコロナの新規感染者数の増加を嫌気した外国人投資家による手じまい売りが加速。鉱業やサービス業を筆頭に幅広いセクターに売...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...