ジャカルタ総合は反発<ASIA株式市場> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

ジャカルタ総合は反発

 26日のアジア株式市場は、買いが優勢だった。ジャカルタ総合指数は反発。前日の米FOMC議事録で早ければ次回会合で量的緩和拡充を検討する方針としたことを受け、外国投資家の資金流入期待が強まり、前日利食いが出ていたインフラ関連や基礎産業など景気敏感株を中心に押し目買いが入り、指数を押し上げた。このほか...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...