フィリピン総合は8カ月ぶり安値<ASIA株式市場> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

フィリピン総合は8カ月ぶり安値

 20日のアジア株式市場は、売りが優勢だった。フィリピン総合は下落率2%超と大幅続落し、終値としては19年5月16日の7475・16ポイント以来、約8カ月ぶりの安値となった。内戦中のリビアで原油供給が一部停止したとの報道を受け、リスク資産である株売りが加速。割安感は出ていたものの、23日に発表予定の...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...