ジャカルタ総合は3日ぶり反落<ASEAN市場> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

ジャカルタ総合は3日ぶり反落

 23日のアジア株式市場は、売りが優勢だった。ジャカルタ総合指数は3営業日ぶり反落。連日の最高値更新で過熱感が意識されていたなか、米債利回りの上昇や米国株および周辺アジア市場が弱含みの展開となったことで買い手控え姿勢が強まり、銀行株や石炭株を中心とした利益確定売りが優勢となった。このほか、マレーシア...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...