フィリピン総合は4日ぶり反発<ASEAN市場> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

フィリピン総合は4日ぶり反発

 前週末10月30日のアジア株式市場は、売りが優勢だった。フィリピン総合指数は4日ぶり反発。新型コロナウイルス感染拡大や米大統領選挙を前にした様子見ムードから朝方は売りが先行。ただ、やや売られ感も意識されていたことから、売り一巡後は一部銘柄に買い戻しが入るなどし、指数を押し上げた。このほか、ベトナム...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...