勤務形態の多様化はコロナ後も<変貌する投資環境> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

勤務形態の多様化はコロナ後も

日系企業の海外拠点

第349回 - ASEAN

 日系企業の海外拠点で、新型コロナウイルスの収束後も勤務形態の多様化が進む見通しだ。  パソナ(東京都千代田区)の「海外人事状況に関する調査」結果によると、海外拠点で今後も「在宅勤務」を導入する企業は53%。このほか、「時差出勤」が25%、「シフト制勤務」が23%、「時短勤務」が9%、「自宅待機」が...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...