熱帯でも温帯野菜の栽培可能に<わが社のアジア戦略> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

熱帯でも温帯野菜の栽培可能に

エルムがコンテナ型システムを展開

 熱帯の東南アジアでも温帯野菜の栽培を可能にし、輸入依存を軽減したい――。電子応用機器や産業用機械などの開発を手がけるエルム(鹿児島県南さつま市)が、コンテナ型栽培システム「エコナーセリー」の展開をブルネイで始めた。システムは2021年内に現地へ導入して、年末か22年初めには栽培試験を開始する予定だ...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...