生産の規模より活動の質を<わが社のアジア戦略> ASEAN経済通信

日本企業のアセアン進出動向や企業連携情報、アセアン加盟国の投資環境・貿易収支・金融・政治などのニュースをお届けします。

ASEAN経済通信

生産の規模より活動の質を

三笠ベトナム、初の現地開発製品も

 小型建設機械を手がける三笠産業(東京都千代田区)が、ベトナム工場で生産台数10万台を達成した。道路工事などで使われるタンピングランマーといった主力製品は、国内外で圧倒的なシェアを誇る。世界販売はコロナ禍のなか好調に推移しており、ベトナム工場の重要性も高まっている。海外生産の最前線に立つ三笠ベトナム...
ご購読ご希望の方へ
TOPへ戻る

Now Loading...